2050年01月01日

はじめに

子供の名前は、一生に一度だけのものです。
両親から送るはじめての誕生日プレゼントです。
命名には、たくさん悩んでいっぱい考えてステキな名前をつけてあげてください。

そして、子供がおおきくなったときには、どんな思いをこめて命名したのかきちんと説明してあげて、子供が自分の名前を誇らしく思えるようにしてあげましょうわーい(嬉しい顔)
タグ:名付け
posted by ともママ at 00:00| Comment(46) | TrackBack(6) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

子供の名づけの注意点

名前を考える上でもうひとつ注意する点は?



イニシャルです!!



そこまで考えなくても…と思うかもしれませんが、名前を決定する前に、念のためイニシャルがどうなるか確かめてみましょう。



たとえば苗字がカ行でCだったらワ行の名前をつけると「W・C

というイニシャルになってしまい、将来、いじめやからかわれる原因だったりします。



気をつけるに越したことはありません。



ほかにも「N・G」「N・O」「S・M」「C・M」「K・Y」などもよくない意味を連想させてしまうことがあります。



イニシャルのほかにも、気をつける点を紹介します。



○名前でおかしなニックネームをつけられそうな名前になっていないか?

○姓と続けて読んだとき響きがこっけいではないか?

○性別の区別がつきにくくないか?

○姓と名のバランスが悪くないか?







なども確かめておくとよいでしょう。

posted by ともママ at 15:21| Comment(13) | TrackBack(0) | 知っておきたい名前付けの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の名前は変更できるの?

一度つけた子供の名前は簡単には変えられないのです



だからつぎのことに注意してください!!



1.夫婦でよく話し合って夫婦で意見を一致させてから決めてください



2.字画の計算を間違えて、縁起の悪い画数の字になってしまわないようによくよく確かめてください。


もしも名前を変更するには、一度役所に受理されてしまったら、簡単には変更することができません。


「戸籍法」によると名前の変更は「正当な事由」がある場合のみ認められることになっています。

ただし、改名が認められるのは次のような場合で、「字画が悪いから」などという理由ではまず改名できません。



≪改名が認められるおもな場合≫

●営業上の目的から襲名する必要がある

●同姓同名の人がいて社会生活上支障がある


●珍奇な名、難解・難読な文字の名




このほか、長期間通称名を使用していて、社会的にもその名が通用している場合に改名が認められることもあります。


つけたあとにやっぱり気に入らないと思っても、そのような理由で改名するのは非常に難しいので、出生届を提出する前にもう一度よく考えてくださいね。



posted by ともママ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 知っておきたい名前付けの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

我が家の子供の名前のつけ方

子供の名前は親が決める。



最近の子供の名前は漢字の意味よりもシャープでおしゃれな響きを重視したものが多いように思います。



ようするに、響きを考えてから、漢字をつける当て字のようなもの



我が家は3人子供がいるので3回名前を考えました。



その子供の名前の付け方は



1、呼びたい名前を考える



2、その呼び方にあった漢字を考える



3、漢字の意味も考える



4、苗字とのバランスを考える



5、画数を考える



って感じでつけました。



呼びたい名前の中には、お友達の名前とダブらないように慎重に決めました。



といっても、上の子、二人はよくある名前になったので、幼稚園で同じクラスに同じ名前の子が二人いたりして、普通なら○○ちゃんと名前で呼ばれるところをフルネームで呼ばれていました。



お友達からは、苗字で呼び捨てだったりして・・・・・



そんな、失敗を踏まえて3人目は珍しい名前にしてみました。



すると、名前を紹介したときに年配の方からは何度も聞かれてしまって、珍しい名前だねっと言われちゃいました。



子供の名前は、親が勝手にきめていいものですが、実際に使う本人が気に入って好きになる名前をつけてあげたいですよね。

タグ:子供の名前
posted by ともママ at 15:28| 知っておきたい名前付けの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

名付けに使える文字に制限あり!!

名付けに使える漢字には制限があります。
かわいいからといってどんな字を使っても言い訳ではありません。

名前に使える漢字かどうかを出生届を出す前に確認しておきましょう。

使える漢字の中には、災、悲、忌、殺など不吉な感じのする字や、糞、痴、腐などの不潔な印象を与える漢字がありますが、名前にはふさわしくありませんので使うのはやめましょう!

ひらがな、カタカナ、一部の記号は使えます。

ゑ・ゐ、ヰ、ヱはOKです。

ーの長音記号や、ヽ、ヾ、々などの繰り返し記号も使えます。

ローマ字やギリシャ文字、算用数字、ローマ数字などの記号は使えません。

posted by ともママ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 知っておきたい名前付けの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出生届の出し方は?

子供がうまれたら、まずは、役所に出生届を提出しなければいけません。
出生届を出したことで、子供に戸籍が与えられ、どこ、どこのだれだれさんの子と認識されるようです。

出生届には提出期限やきまりがありますので、紹介します。

出生届の提出期限は?

続きを読む
タグ:出産
posted by ともママ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 出生届の出し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。